2016年10月19日

華、亡くなりました


ずいぶんとご報告が遅くなりましたが
7月23日、華が亡くなりました。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

5月の初めに肺への転移が見つかり
その後、低たんぱく血症、自己免疫性溶解性貧血を併発。
ステロイドや免疫抑制剤
セカンドオピニオンで行った東洋医学の獣医さん処方の
謎の水などなど、いろいろ手を尽くしましたが。。。


---以下Facebookからの引用---

この後は、華の最後の時の話です。苦手な方は読まないでください。
 
華は死んだ日も、いつもと変わらない笑顔でした。
ただあちこち弱ってきてたのでしょう。。。
誤嚥でした。
水を飲んで気管に入ってしまい、一瞬息が止まってしまいました。
目を見開き、瞳孔も開いてしまい、ただその目は私に助けを求めていました。
慌てて獣医に駆け込んだのですが、運んでる最中に吐き出すことはできました。
でも呼吸は苦しそうで、採血だけして酸素室に入れられました。
貧血がまたかなり進んでました。
治療方針を決めるためレントゲンを撮りたかったようですが、酸素室から出すと呼吸が止まってしまいそうで無理でした。

酸素室でも何度も吐き出してたけど、だんだん吐き出す体力もなくなってきたようです。
家にいた両親を呼びました。
そのすぐ後もがきだしたので、先生に吸引の用意をしてもらい、処置室に運び、私は先生やスタッフに怪我をさせないように華の口をこじ開け、喉に詰まった水と血の吸引をしてもらいました。
両親が駆けつけました。
その最中でした。華の心臓が止まってしまいました。
 
病院に運んで、2、3時間だっただったでしょうか?
華が死ぬのがあと10分遅かったら診療時間が終わるので、朝まで持つことはないでしょうと言われた華を置いて帰るか、呼吸できないのを承知で家に連れて帰るか、選択しなくてはなりませんでした。
 
華は親孝行でした。
きちんと看取らせてくれました。。。
その姿はあまりにもシュールでしたが、これ以上ないくらい華の近くにいれました。
私の両手は華の口の中です。
顔と顔もすぐ間近です。

華は、不自由にしてしまった体でよく頑張ってくれました。
私も、やれることは全てやったつもりです。
なんの後悔もありません。
華は私を愛してくれました。
私も華を愛しています。
もう、じゅうぶんです。

---以上。---

IMG_2891.jpg


IMG_2895.jpg

7月3日の写真。
大好きなケンタに笑顔爆発♪

お気に入りの写真〜
待ち受けにしてます。



ランキングに参加してます。

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
人気ブログランキングへ
↑               ↑
上下それぞれ1ぽちをお願いいたします。


コメントを投稿しにくいブログで申し訳ありません><
「書き込む」ボタンを押した後、なかなかページが切り替わりませんが
エラーページが出なければ、コメントは反映されています。
待ちきれなかったらページを閉じるか、移動しちゃってください。

posted by Tomi at 11:51 | Comment(0) | 華、闘病
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
yyjt