2016年02月05日

さつきのこと。(3)


14歳になったさつき。
発作は大小、たびたびおきた。
今考えると、大きい発作は低血糖のとは違っていた。
てんかんだったのかもしれない。
でも大きい発作は月に一回よりは少ない頻度だった。
体調は良かったり悪かったりを繰り返し
でも、段々下降している感は否めなかった。

IMG_9457.jpg

3月末の検査でわかったんだけど
腰のあたりの背骨が固まってしまっていた。
人間なら腰が曲がった状態なんだろうけど
さつきのはまっすぐなまま固まってた。
そのせいで、立ったり座ったりがしづらい。
しっこしゃがみはできるけど
うんこしゃがみができない。。。
歩きながらうんこ、な事が多くなった。

IMG_9461.jpg


IMG_9473.jpg


7月から毎日点滴をすることになった。
自宅で。針を刺すのは私。

IMG_0720.jpg

点滴セットとさつき。

IMG_0763.jpg

おとなしく点滴されてたよ。

IMG_0796.jpg

ぶっとい針><

これは最後まで慣れなかった。
内出血やかさぶたになることがある。
獣医さんからは「よくあること。数週で治る」って言われた。
でも、なかなか治らない。
私がはじめて刺した時の内出血は
最後まで治らなかった。
肝臓が悪いから、傷の治りが悪いのか?


オムツ生活になったのもこの頃から。
これも最初の検査の時に膀胱に石があるのがわかった。
肝臓と低血糖優先だったけど、しばらく落ち着いていたので
フードを石用の療養食に変えた。
変えたら、食が落ちた。→発作。→石はあきらめ。
(この発作から点滴になった)
女の子は膀胱の石で大事になることは少ないらしい。
点滴と石のせいもあるのか、頻尿。
トイレ間に合わないことしばしば。。。で、オムツ。

IMG_0802.jpg

それでも食欲もあり、散歩も。。。
この頃には3わんでの散歩はできなくなってきた。
さつきはさつきのペース、さつきのタイミングでの散歩に。
暑いからか、すっかり夜型になってしまい
夜、3時間おきに散歩。昼間はぐっすり寝てるくせに^^;

IMG_0815.jpg

そんな生活も、さして苦ではなかった。
点滴を除いては。。。
さつきは手がかからない子だったから
世話ができる事がちょっと、うれしかった。
なにより、さつきの強い生命力を感じられることが
さつきの天使のような笑顔が見れることが、幸せだった。

ランキングに参加してます。

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
人気ブログランキングへ
↑               ↑
今日も上下「ぽちぽち」おねがいいたします!


コメントを投稿しにくいブログで申し訳ありません><
「書き込む」ボタンを押した後、なかなかページが切り替わりませんが
エラーページが出なければ、コメントは反映されています。
待ちきれなかったらページを閉じるか、移動しちゃってください。

posted by Tomi at 15:12 | Comment(1) | さつき、闘病
この記事へのコメント
平佐さん経由でお邪魔しました。
さつきさんのこと、お疲れ様&ご苦労様の言葉しか見つかりません。さぞや大変だったことでしょう・・・。

華さんもご苦労様です。月並みですが、頭が下がります・・・なんて陳腐な言葉でしか表現できません。

私どもは昨年6月に13歳の柴犬を老介護も病介護もすることなく旅立たせました。

文章になっていませんね。思いつくままの言葉の羅列で申し訳ありません。
これまた月並みなのですが、心労過労が心配です。どうぞお体ご自愛下さいませ。
Posted by 宮崎@大福 at 2016年02月06日 09:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
1sd0